コロナウィルスによる自粛ムードの今だからこそ色々学んじゃいましょう。

稼げる映像制作・動画編集・フリーランスのクリエイターになるのに大学の肩書きなんてマジでいらない、学歴不必要。私的経験談

色んな志で大学入る人

どうもニコラス・タケヤマです。

僕の母親は幼稚園を経営していて正真正銘の教育者で、小さい頃からかなり熱心な教育ママであった。

小学校の時は塾と3つ4つお稽古事を掛け持ちしていて、結局サッカーはリフティングすらできないし、ピアノは楽譜読めないし、泳ぎも25mが限界(笑

親は教育者としてのプライドもあってか、かなりのお金と時間を費やし

高校時代、学年で下から数えて3番目くらいなポンコツな僕でも、世間で言えばそれなりの大学に何となく入れた。勉強なんてマジで興味なかったし、本当は海外の美大に行きたかったんだけど親に猛反対され、行きたくもない大学に行かされた。

そう、僕は何となしに大学に入った。

そんなヌルい感じで僕は大学に入学したが、まあ大学生なんてそんなもんで大半の周りの学生も似た物同士であった。

自分が持っている一番胡散臭い写真

学生時代は学業そっちのけで、

サークル活動や自主制作やったり、遊びも覚え、そして起業もしたりした。

もちろん学業張り切ってたやつもたくさんいたけど、片や僕らみたいに授業に興味が皆無な人達は

積極的に質問してる学生たちを痛い目で見てたし。

逆に、意識高い学生達からは「金と時間を使って大学来てその授業態度なら学校来るな」みたいな眼差しで見られてたであろう。

学費一つとっても、奨学金で将来の自分に借金してまで来てるやつと全額親に払ってるもらっているやつがいる中でそりゃ意識の違いだってある。

 

大学の志望動機なんて人それぞれだし、みんなそれぞれ違うモチベーションで大学に通っていて何を得るのも無駄にするのも、その人次第なところが大学だ。

 

ただ、僕が議論したいのはそこではない。

 

4年間(僕の場合留年したので5年半)の学費と時間を費やす程のコストパフォーマンスが単純にあるかどうかの一点だ。

 

映像制作・動画編集・フリーのクリエイターからの視点

大手の商社とかに就職するならまだしも、

映像業界。しかも僕が最初に入社したのはベンチャーの制作会社。

大学ブランド少しは見られたかもしれないけど、圧倒的に実技のスキルの方がみられてたからマジで学歴関係なかった。小さい会社程、書類で落とすなんてことはしないで、まずは面談するし、そこでこいつが、バカか話が通じるやつかなんかは分かるから学歴フィルターで落とすなんてことはしない。

デッカい会社程、書類選考で選ばざる負えなくなるから、高学歴が有利かもだけど本当にそれくらいだよ?しかも今時、大きい会社入るメリットある?薄給で福利厚生がいいとこか、外資で給料いいとこ、メガベンチャー入ってモテるくらいしか選択肢なくない?

 

僕は映像クリエイター志望だったので、

どこの会社組織もひどくつまらないし(お金的にも、キャリア的にも、QOL的にも)クリエイターとして日本で働くには会社に属してたら100%未来ないなって思って、即効フリーランスに転向した。良い会社あったらオファーください。まあこの辺に関してはまた別記事で話す。

 

フリーランスの映像制作者として学歴が役に立つことは正直あるけど。

せっかく行きたくない大学卒業したんだから、少しでも恩恵を受けるために一応ちゃっかりプロフィールには学歴書いている。

でも、大学が直接的に役立つ時はたまたま同じ大学卒の人と出会う時くらい(笑)

これは結構あって、今まで何度もそういったご縁でお仕事を頂いている。本当たまたまだ。良く大学はコネのために行くものだというが、これはそういった類である。でも正直それだけのために4年と学費を費やす価値があると言ったら絶対に無い。学校行ってなかったとしても業界が狭いから、恐らく出会えた人たちであったし、大学なんて所詮、共通の話のネタの一つや二つだ。

後、講演会とか講師としての仕事がやたら多いのは学歴があった方が箔がつくのか、客が安心するのかよくわからない。

で、このことを近況報告すると母親に未だに、

「ほら、大学卒業して良かったでしょ?良いことあったでしょ?」

この言葉がかなり自分にとって腹が立つ。

だって卒業したからには恩恵うけなきゃもったいないし、もらえるもんもらうべきでしょ。雇われと違って、自分で食い扶持を稼いでるのに、あたかも「私の手柄、私の選択は間違ってなかった」とばかりに主張する母親。

後、間接的に学歴が作用してるなぁって思うのは勝手に学歴コンプレックス感じてる相手に対して威嚇できてることくらい。無駄な輩に絡まれることが少しは減って良いのかもしれない。蚊除けみたいなもん。

でもさ、大学に使った時間とお金は絶対に違うものに使ったほうが良かったかな。

 

学歴が役に立つのと稼げるかというのは別ベクトル

そうやって、学歴が案件に繋がったことは多々あったけど、それと稼げるかには因果関係が無い。

講師業やチュートリアルで稼げる額なんてたかがしれているし、むしろあれはいつもの制作のレートで考えたら全部赤字。割に合わないけど、まあ少しは宣伝になるかなぁと思い受けている。

フリーランスの映像制作とか動画編集をやっていて、学歴のおかげでうまい話に漕ぎ着けられるなんて甘いわけない。だってお客にとったら普通に考えてどうだって良いからだ。

お客は自分にどういった利益があるかというシンプルにそこだけを見ている。

映像制作・動画編集・クリエイターとして請負で仕事するならスピード、コミュニケーションコストの有無&信頼、クオリティ、価格。

ざっとあげてこれくらい。僕みたいに英語できますとか付加価値もあるけど、請負業で稼ぐのに求められる物は至ってシンプル。

単価をあげて量をこなす他ない。そこに学歴って重要ですか?って話。

他にクリエイターが稼ぐ方法と言ったら自分で事業を展開すること。

例えば、学校やったり、サロン開いたりとか。ここで稼ぐにも学歴って必要だかどうか、よーく考えて欲しい。

 

東大ならいいんじゃない?

例外というか東大だったら、学費と時間費やしてもそれ分のリターンがあるくらいのブランド力あるかもしれない。安いしさ。

芸大・美大・専門学校は?

確かに専門的な知識を学べるかもしれないし、環境も揃ってるかもしれないけど

往々にして授業料が高い割には・・・。コネも意外と自分から動かないとできないし、結局これも学生の行動次第。

アカデミックな理由で行くのであれば絶対に海外に行った方がいい。

卒業後、同じ大学の人と盛り上がれるという利点はあるだろう。

要するに

学歴で稼げるかどうかが決まると思い込んでいること自体、

本来の学校の存在意義であるアカデミアからかけ離れている。

学びたいなら学校行けば良いと僕は本気で思う。ただ、学んでも稼ぐことには繋がらないよって言いたい。

学歴と年収は相関関係はあるけど因果関係はない。

学歴があるやつは、親が裕福だったり、頭が良くて、行動力もあるから年収が高い傾向があるだけであって

動かないやつは学歴関係なく動かない。

フリーでやるなら動くやつが勝つだけの話。

最新情報をチェックしよう!